すね毛を薄くする方法のイメージ画像

こんな悩みありませんか?

  • 女子なのにすね毛が他の子に比べて濃い。
  • 夏は学校のプールの授業、ジャージも半ズボンになるので憂鬱。
  • 誰にもすね毛を見られたくないので、いつもハイソックスを履いている。

 

中学生や高校生になると女子はすね毛が無いこと(お肌がツルツルなこと)が当たり前のようになってしまうから、そうでない人は余計につらいですよね。

 

すね毛が濃いことを放置しておくと、やっぱり人目を気にしてしまったり、自分に自信が持てなくると思います。

いつもハイソックスを履いたりして隠していても不思議がられてしまうし、自分を好きになるためにも解決策を考えてみましょう。

女子中学生や高校生がすね毛を薄くする方法◆豆乳ローションを塗ったり、大豆製品などのイソフラボンを摂る

女子中学生や高校生がすね毛を薄くする方法には、体の外側と内側の両方からアプローチすることが効果的です。

まずは豆乳ローションをすね毛に塗って、毛への直接的なアプローチをします。

 

次に食べ物に気を遣うことが大切になりますが、具体的に言うと、納豆や豆腐等の大豆製品、ワカメ等の海草、青魚になります。

生理不順にも効果的な女性に優しい大豆イソフラボンのサプリを摂るのも効果的です。

 

豆乳ローションには、サプリでも紹介した大豆イソブラボンという成分が含まれています。

これには抑毛効果があり、体毛を徐々に薄くしていってくれます。

外から豆乳ローションを塗り、体の内側にも大豆イソフラボンを入れることで、身体に優しく体毛を薄くしていくことができます。

 

一般的にすね毛を薄くするには脱毛サロン等が挙げられますが、中学生には経済的に厳しいですよね。

若い肌を傷付けてしまうことも心配です。

だからといってカミソリで剃り続けたり、すね毛を抜くことも、エンドレスで根本的な解決にはなりません。

それに比べ、大豆イソフラボンを使ったすね毛を薄くする方法は、肌を傷付けず身体を大切にすることができ、また体毛全体を薄くすることができます。

 

すね毛が薄くなれば、自分に自信が付きます。

今まで憂鬱だった夏の半ズボンも、プール学習も楽しめるようになります。

友達とプールへ遊びに行くこともできます。もちろん、彼氏とも大丈夫ですよ。

いつもハイソックスに頼る必要はなくなるんです。

きっと今よりもっと幸せな学生生活が送れますよ。

 

剃りすぎには気をつけよう

 

毛が薄くなるのを待ちきれずに剃ってしまったり、抜いてしまったりすることは控えてください。

若い頃はお肌が敏感なので、カミソリを使用しすぎると、お肌を傷付け色素沈着してしまうこともあります。

また、剃るのは逆に毛が濃くなってしまう可能性もあるので、その点も気をつけておきたいですね。

女子中学生・高校生がすね毛を薄くする方法 まとめ

すね毛を薄くする方法で悩んでいる女子中学生・高校生の方は、豆乳ローションを塗ったり大豆イソフラボンを含むお豆腐等の食べ物、サプリを摂取することが有効です。

体の外側と内側からのWアプローチが効果的です。

 

そうすればすね毛は徐々に薄くなり、夏のプールが楽しみになります。

ハイソックスをいつも履いている必要もありません。

 

カミソリで剃ることやすね毛を抜いてしまうことは、お肌を痛めてしまうので、やりすぎには注意が必要です。

最後に、少しでもあなたが自分に自信を持って、今よりもっと幸せな学校生活を送れることを祈っています。

 

以上、「女子中学生や高校生が、今より少しでもすね毛を薄くする方法」についてでした。