女性のイメージ画像

毛染めする度に髪がパサパサになって、「もうなんでもいいからこのダメージをどうにかしたい!」って思ったことないですか?

前の私がそんな状況でした・・・

 

白髪がここまで増えてくるまでは、髪のダメージもひどい状態ではなかったんです。

そう、2ヶ月に1回のカラーリングで大丈夫だった時までは・・・

それがだんだんと白髪が増えていき、それに連れて、白髪染めの回数もだんだんと頻繁にするようになり、気付いたら月一ペースで白髪染めをするようになっていました。

 

ちなみに美容室では染めてなくて、自宅でセルフカラーしています。

 

もう髪がパサパサでブローが大変だし、シャンプーする時にすごいもつれるし、乾かす前に洗い流さないトリートメント付けたりと、何かと手間がかかるようになりました。

「このままではいけない」って考えてる時に出会ったのが「白髪染めカラートリートメント」です。

 

⇒ 頭皮ケアもできて良く染まるカラートリートメント「マイナチュレ」の詳細はこちら

 

あまりにも髪のダメージがひどいので、セルフカラーしてて恥ずかしいけど、思い切って美容師さんに聞いてみました。

髪のダメージがとにかく気になってたので、「白髪が染まるもので、髪のダメージがない毛染めを教えてください」って聞きました。

月一の白髪染めで髪パサパサになった場合は、痛まないカラートリートメントで髪質改善しよう

脱色剤抜きを選ぶと「痛まない白髪染め」できる

髪がもうどうにもならなくなり…

 

髪のダメージは気になったけど、自分ではどう改善したら良いのか分からなくて…

でも、セルフカラーしてるので美容師さんに聞くのも恥ずかしくて…

どうにも勇気を振り絞って聞くことができませんでした。

 

いよいよ髪のダメージがひどいことになってきて、一生懸命ブローしてもなんともならないようになったんです。

そんな状況になってしまったので、もうなりふり構わず美容師さんに聞きました。

すごい恥ずかしかったんですけど。

 

でも、あのまま放置してたらと思うと勇気を振り絞って聞いて良かったです。

 

白髪染めに少し希望が見える

 

美容室でのカラーリングは価格的にもアレなので、なんとか「セルフカラーで髪が痛まない白髪染めはあるのか」聞いてみました。

その時に紹介されたのが「白髪染めカラートリートメント」です。

 

⇒ 頭皮ケアもできて良く染まるカラートリートメント「マイナチュレ」の詳細はこちら

 

何より、何回染めても髪が痛まないということに惹かれました。

白髪が気になった時に好きなタイミングで染めていいそうです。

今までは髪のダメージが気になってたので、なるべく我慢して染めるようにしてました。

 

1度痛んだ髪は切るまで治らないことを教えてもらったので、今のこのダメージはすぐにどうこうできるものではないとは分かりました。

だけど、この白髪染めカラートリートメントを使って染めていくことで、これから生えてくる髪は健康的なまま伸ばしていくことができるそうです。

特にこれといったヘアケアをしていく必要ないのが楽でいいですね。

どういう風に髪が改善していくのか、今から楽しみです。

 

あと、この白髪染めカラートリートメントはスカルプケアが白髪染めと一緒にできるので、さらに健康的な髪が生えてくるのではと少し期待しています。

 

白髪染めカラートリートメントで少しずつ髪のダメージが良くなるのが嬉しい

 

1回目にカラーリング後から手触りの良さは実感できました。

白髪染めしてこんな仕上がりになるなんて、「本当に痛まないんだなぁ」と思いました。

 

カラートリートメントなので、今までの白髪染めよりも頻繁に染めてるのですが、痛んだ感じはありません。

むしろカラートリートメントで染めた後の方が質感が良い仕上がりです。

「これなら、ようやく髪のダメージから解放されるかも」って思いました。

 

でも、ふと気付いたんです。

頭の後ろはどうやって染めようかな?

 

一応感覚で頭全体を染めてるんですが、今までの泡カラーと違って見えない所は染めにくいんですよね。

このまま伸びていくと後に染まってない部分が所々ありそうで…

 

そこで数ヶ月に1回は美容師さんに染めてもらうことにしました。

美容室ではカラートリートメントの白髪染めメニューがないので、その代わりにヘアマニキュアをすることにしました。

ヘアマニキュアとカラートリートメントの併用は大丈夫だそうです。

 

本当は全部自分で染めたいけれど、髪がダメージするのも嫌だし、数ヶ月に1回の美容室でのカラーリングは許容範囲内です。

そういったことのアドバイスも美容師さんが丁寧に教えてくれたので、納得できました。

 

初めは「本当にこんなので毛染めして、治っていくのかなー」って感じでした。

髪が伸びていくスピードに合わせての改善なので、初めは本当に実感が湧かなかったです。

 

そこはもう相談した美容師さんは信頼するしかないですよね。

ここまで来たらやるしかない。

途中で諦めたらまた、元通りのパサパサの髪に戻ってしまうって自分に言い聞かせてました。

 

数ヶ月経つと髪質が良くなってきているのが実感できるのですが、今振り返ってみると、そこにいくまでが大変でした。

疑心暗鬼だったので、やっていることに自信が持てなかったからです。

カラートリートメントで白髪染め続けた結果、髪が良くなった

本当に髪のダメージが、今までのが嘘のようになくなりました。

でもそれは、1回のカラートリートメントで劇的に良くなるわけではないので、数ヶ月経ってからでないと分からないのですが。

というのも、髪のダメージって段々と大きくなってくるので、ひどくなってからじゃないと「まぁこんなもんかと」あまり気にしないですが、気づいた時にはダメージが相当進んでいることになっていました。

髪が治っていく過程もこれと同じで、髪が伸びるのに合わせるようにゆっくりと改善していくからです。

 

髪のダメージが改善してから分かったんですが、

  • ダメージが大きい時と比べて、適当にブローしてもまとまるようになった。
  • お手入れを簡単に済ましても、ツヤが出るようになった。
  • シャンプートリートメント洗い流さないトリートメントにそこまでお金をかけなくても良くなった。
  • ヘアケアの手間もコストも減って、時短ができるようになった。
  • しかも仕上がりは以前よりキレイ。

 

髪がダメージすればするほど、お手入れが大変になるけど、かけている手間ほどの効果が得られないことが分かりました。

行きつけの美容師さんはいつも「ダメージしてからヘアケアするよりも、ダメージしないように予防することが大切です。」って言ってましたけど、それが本当に身にしみてわかりました。

 

今までじゃ考えられないことが起こったんです。

職場の同僚から髪のこと褒められたんです。

相手にとってはどうってことないことかもしれないですが、私にとってはとても嬉しかったですね。

 

白髪染めカラートリートメントのおかげで、これからは白髪とも前向きに付き合えそうです。

もともとは髪のダメージを減らせる白髪染めを探してたんですが、良いものが見つかって良かったです。

 

美容師さんの手も借りよう

 

セルフカラーだけで全てを対応しようとすると、とても大変です。

後頭部とか、えり足の方とか、自分じゃキレイに染められないですよね。

やろうと思えばできなくはないですが、よほど根気よくするか、楽さを選んで通常の白髪染め使って、ダメージケアを諦めるかとかになります。

 

将来のためにお金を節約することも大切ですが、それで見かけが損してたら元も子もありません。

数ヶ月に一回は美容室で染めることにしました。

その方がやっぱりキレイです。

なんでもほどほどのところで折り合いを付けた方が、良い結果になるんだなぁと今回改めて思いました。

まとめ

話が長くなったので簡単にまとめると、

  • 明るい白髪染めは頻繁に染めれば染めるほど髪のダメージが進む。
  • 白髪が多くなる程に白髪染めの間隔が短くなり、月一の毛染めで髪パサパサに…
  • 白髪染めでも脱色剤抜きを選べば髪のダメージを避けることができる。(痛まない白髪染め)
  • そのためには、白髪染めカラートリートメントで染めるようにすると良い。
  • 後頭部など塗りにくいところがあるので、数ヶ月に1回美容室で染めてもらうようにすると、さらに綺麗に白髪をカバーできる。
  • 美容室での白髪染めには、髪のダメージがないようにヘアマニキュアをしてもらう。
  • 髪のことで悩んだら、やっぱり美容師さんの意見を聞いてみることも大切。

 

今まで明るい白髪染めばかりにこだわってましたが、暗い色になってもツヤがある髪はやっぱり綺麗ということがわかりました。

いざ、暗い色にしてみると思ったより違和感がなかったのもよかったです。

 

暗い色って頭の中で「真っ黒」の黒髪をイメージしてたんですが、カラートリートメントのブラウンやダークブラウンを選べば地毛より少し明るいぐらいの色味で落ち着きます。

これぐらいの色なら上品で、逆にイメージが良くなったなぁと思ってます。(笑)

こういったアドバイスをくれた美容師さんに本当に感謝です。

 

以上、月一の白髪染めで髪パサパサになった場合は、痛まないカラートリートメントで髪質改善できる、ということについてでした。

 

⇒ 頭皮ケアもできて良く染まるカラートリートメント「マイナチュレ」の詳細はこちら