ニキビのイメージ画像

頬や顔全体が真っ赤になるひどいニキビに悩まされたの方にアンケートを取りました。

 

  • お悩みや問題の背景・経緯
  • その時どのような対策・改善方法を取ったのか?
  • なぜその方法を選んだのか?
  • それによって状況はどう変化したのか?
  • また同じようなお悩みや問題が出てきたら、次はどう対応するのか?
  • 体験者からのアドバイス

 

などを書いていただきました。

もしあなたが同じ問題・お悩みを抱えているのなら、何かのヒントになれば幸いです。

 

⇒ ニキビ対策なら「ラ・ミューテ 肌きれいスターターセット」がおすすめ

頬や顔全体が真っ赤になるひどいニキビに悩まされ、食事を変えたら1ヶ月で改善した20代女性の体験談

◆あなたの「お名前・年齢・性別」を教えてください。

 

美咲、20歳、女性です。

 

◆ひどいニキビに悩まされることになった時のことを教えて下さい。

 

私がニキビを気にするようになったのは20歳頃です。

出産をした、仕事が変わったといったような、思い当たることはありません。

その当時はなぜニキビができてしまったのか、分かりませんでした。

 

ニキビができたのは頬です。

頬にたくさんのニキビができて、ひどいときには顔全体が真っ赤になってしまいました。

このような状態なのでメイクがうまくできず、メイクでニキビを隠したくても隠すことができません。

マスクをすれば隠すことができますが、マスクをしているとニキビが悪化をするのでマスクは着用しませんでした。

 

そのため、ニキビで顔が真っ赤で恥ずかしい思いをしていました。

周りの私と同じくらいの年代の人は肌がきれいな人ばかりです。

「どうしたらきれいになれるのだろうか」と悩んでいました。

頬や顔全体が真っ赤になるひどいニキビに悩まされた時、どんな対策・改善方法をとったの?

◆ニキビがひどい状態に対して、どのような対策・改善方法を取りましたか? それでどんなケアをしましたか?

 

ニキビができた原因がわかれば対処法もわかるのですが、どうしてニキビができたのかわからなかったので、ドラッグストアで売られているニキビ用の薬を使っていました。

ニキビ用の薬をつけると翌日にはニキビが小さくなっています。

しかし根本的な解決にはならず、ニキビを繰り返していました。

 

ニキビについていろいろと調べていると、食事を整えることが大切なことがわかりました。

そこで、食事の改善をすることにしました。

具体的にはお菓子を食べる量を控えて、間食をするなら果物を食べるようにし、野菜を食べる量を増やしたり、大豆製品からタンパク質も意識して摂取しました。

この方法は普段の食事を少し変えるだけなので特別費用はかかっていません。

これまでと同じような食事で実践できました。

 

◆食事改善でのニキビケアを選んだポイントは何? 他の方法と比べてどこにメリットを感じたから?

 

ニキビ用の薬はニキビを小さくしてくれるかもしれませんが、これは対処療法で根本的な解決にはなりません。

健康な肌を作るには、食事からきちんと栄養を摂取することが大切で、食事を見直すことは根本的な解決につながります。

食事を見直す方法は特別なものを購入する必要がなく、比較的低価格で実践することができます。

自炊ができなかったとしても、コンビニでは温野菜やサラダを選んだり、外食では油っぽいものを控えて野菜が豊富なメニューを選ぶなどして実践できます。

食事改善をして、頬や顔全体が真っ赤になるひどいニキビはどう変わったの? そのケア方法の「メリット・デメリット・感想」を教えてください。

◆食事改善でのニキビケアで、状況はどう改善しましたか?(良かった点)

 

食事を変えてもすぐにはニキビは治りませんでした。

ニキビができにくくなったのは、食事を変えてから1か月ちょっとしてからです。

なかなか実感できなかったのでこの方法でよいのか不安を感じてしまったこともありますが、続けることで変化が出てきたので安心できました。

食事を整えることをずっと続けていたら、いつの間にかニキビができなくなっていました。

おかげで肌に少しだけ自信を持てるようになり、メイクはきれいにできるようになりました。

 

◆食事改善でのニキビケアで気になった点は?(悪かった点)

 

肌の生まれ変わりは20代では約28日周期なので、結果が出るまでには時間がかかります。

食事改善でニキビ対策をしていても、すぐには変化が表れなかった点は気になりました。

すぐに変化がでないとあきらめたくなることがありますが、あきらめないで「食事を改善することで、ニキビも改善する」と思って続けることが、ニキビのない肌に近づくために大切なことです。

 

◆食事改善でのニキビケア方法の全体的な感想・総合評価を教えてください。

 

ニキビ用の薬を使っていたときは、一時的にニキビが小さくなっても何度か繰り返しニキビができてしまっていて、ニキビが治らないと悩んでいました。

しかし、食事を変えることでニキビができない肌になりました。

ニキビがなくなって良かったと思うことは、肌に少し自信を持てるようになったことです。

真っ赤だった肌は改善して、メイクはきれいにできるようなり、人前にでても恥ずかしくないくらいにはなりました。

人に見せても恥ずかしくないことがうれしいです。

 

栄養バランスを考えた食事への改善は難しくはなかったので、実践をしてみてよかったです。

次にまた同じようなひどいニキビのお悩みが出てきたら、今度はどう対応したいですか?

食事を変えてからは一切ニキビができなくなりました。

もしもまたニキビができたとしたら、それは食事の栄養バランスが崩れてしまったからだと思います。

そのようなときには食事内容を見直してみて、ニキビに悪いと思うようなものは食べないようにしていきたいです。

それでも治らなかったら、ニキビ用の薬を使って対処をしていこうと思います。

ひどいニキビで困ってる人にアドバイスをお願いします

洗顔をしたり、薬を塗ったりなど、ニキビを治すために苦労をしている人は多いと思います。

洗顔をすることや薬を塗ることも大切ですが、肌は食べたものの栄養をもとにしてできているので、食事内容を見直してみてください。

油っぽいものを食べ過ぎていないか、野菜はちゃんと食べているかなどがニキビ改善のためのポイントです。

自炊ができると良いですが、自炊ができなくてもニキビ改善のための食事は実行できるので、気をつけてみてください。

 

以上、頬や顔全体の真っ赤なひどいニキビに悩まされ、食事を変えて1ヶ月で改善した20代女性の体験談でした。

 

⇒ ニキビに関する他の体験談はこちら

 

⇒ ニキビ対策なら「ラ・ミューテ 肌きれいスターターセット」がおすすめ