女性のイメージ画像

ずっと縮毛矯正でストレートヘアにしているのも、飽きてきませんか?

  • クセがあるから縮毛矯正をやめる訳にもいかないけど、たまには違った髪型にもしたい。
  • コテで巻こうとしても毛先が、真っ直ぐ過ぎてうまく巻けない。
  • ゆるふわのパーマも憧れるけど、失敗が怖い。

 

ずっとくせ毛で悩んでいたから、縮毛矯正でストレートになったときは感動しましたよね。

でも、いつまでもストレートなのも、さすがに少し飽きてきますね。

だけど、自分でコテで巻いてみても矯正がかかっていると、なんだかうまくいかなかったりしますよね。

 

そのお悩みは、縮毛矯正とデジタルパーマを同時にかけることや、その前後のお手入れの仕方で解決します。

 

この記事では以下のことについて書いてみます。

  • 縮毛矯正がかかる仕組みと髪に与える影響
  • 縮毛矯正とデジタルパーマを同時にかけるために大切なこと
  • 美容室選びの重要性

 縮毛矯正がかかる仕組みと髪に与える影響

まず、縮毛矯正はどうやってかかるかですが、薬剤によって髪の結合を一度壊し、アイロンの高温の熱でまっすぐにし、その後また薬剤で再結合させます。

だんだんと良い薬剤も出てきて、ダメージを最小限にできるようにはなったんですが、やはり髪に与える影響は大きいです。

さらに、一度縮毛矯正をかけた所はずっとまっすぐなので、根元のクセが伸びると毛先との差も気になり、定期的にかけ続けなければいけません。

そうなると、さらに毛先にはダメージが蓄積されます。

 

また、縮毛矯正をかけた髪にパーマをかける場合は、同じように熱を使った施術をしないとかかりません。

そこで、同じように熱を加えるパーマとして、デジタルパーマがあります。

ただ、縮毛矯正をずっとかけていた髪に、いきなりデジタルパーマをかけることはリスクが大きく、失敗する可能性もとても高くなります。

縮毛矯正とデジタルパーマを同時にかけるために、大切な4つのこと

「根元のクセを取りつつ、毛先にはふわっとパーマをする事ができるって本当ですか?」

 

本当です。

ただそのためには、次の4つのことに気をつけてみてください。

  1. 縮毛矯正とデジタルパーマを同時にかける前は、出来るだけ髪をダメージさせないこと
  2. 紫外線対策をする
  3. 美容室選び
  4. 施術履歴を担当者に伝える

 

①縮毛矯正とデジタルパーマを同時にかける前は、出来るだけ髪をダメージをさせないこと

同時にかける場合、根元のクセが伸びた所は縮毛矯正で、今まで矯正をかけていた毛先に、デジタルパーマをかけることになります。

なのでそれまでは、カラーを少し控えたり、トリートメントをまめにしたり、洗浄力の強すぎるシャンプーをやめ、出来るだけ髪に負担の少ないアミノ酸系シャンプーを使って、髪をケアする事が大切です。

 

②紫外線対策をする

紫外線でも髪はとてもダメージを受けます。

なので、日傘や帽子、紫外線防止効果のあるスタイリング剤を使うことをおすすめします。

 

③美容室選び

ずっと通っていて、自分の髪質をわかってくれている美容師さんがいるのであれば、その人によく相談して決めると良いです。

ただ、初めての美容室にいく場合は、やはりしっかりとカウンセリングをすることをお勧めします。

美容室によって使う薬剤も違うし、また担当者によっても選ぶ薬の強さ、放置時間の見極め、毛先のダメージ具合を見ての温度設定など変わってくるので、美容室選びはとても重要になってきます。

縮毛矯正とデジタルパーマを同時にすることに慣れている担当者や髪の状態を見極める力のある担当者を選ぶ事がとても大切です。

 

④施術履歴を担当者に伝える

今まで自分がどのくらいの頻度で縮毛矯正をかけてきたか、カラーはいつしたかなどをしっかり担当者に伝えることも大切です。

今までの施術履歴によって、見た目にはわからないけど、髪の中は相当ダメージを受けている場合もあります。

それらを含めしっかりとカウンセリングした上で、どうしても今回は同時にするのはやめた方が良いと言われる場合もあります。

 

美容師さんからそう言われた場合は、やはり無理せずやめた方が良いです。

無理にかけても、イメージ通りにはならずに、余計に髪を傷ませてしまうこともあります。

なので今回は見送り、

  • これからどういうケアをすると同時にかけられるか。
  • どのくらい切ればかけられるか。

など、次回に向けてのカウンセリングをすることをおすすめします。

縮毛矯正とデジタルパーマを同時にかけ、ストカールを手に入れる

  • 縮毛矯正とデジタルパーマを同時にかける前は、髪を出来るだけダメージをさせないこと。
  • 紫外線対策をする。
  • 信頼できる美容師に任せる。

気分を変えたいときや何かスッキリしたい時、季節の変わり目などヘアスタイルを変えたくなることって誰にでもありますね。

女性は、髪型を変えるとメイクや洋服まで変えたくなります。

お洒落を楽しむためにも、毎日の髪のケアを怠らずいつでもキレイな髪でいたいですね。

 

今は、コンビニの数よりも美容室が多いと言われてます。

でも、なかなか自分の好みや髪質をわかってくれる美容師さんとの出会いは難しいものですね。

長く信頼できる美容師さんとの出会いが、これからのお洒落を楽しむ第一歩となってくるのでしょうか。

 

以上、縮毛矯正とデジタルパーマを同時にかけて、真っ直ぐ過ぎるストレートから卒業、ナチュラルなストカールを手に入れるための方法についてでした。