カミソリ、ひげ剃りのイメージ画像

こんな悩みありませんか?

  • カミソリ負けでよく血が出て痛い。
  • カミソリ負けの跡がかさぶたになり、傷跡が消えずに困っている。
  • カミソリ負け跡が残って嫌なので、なんとか早く消したい。

 

カミソリ負けの跡が残ってしまうと、なんともつらいですよね。

 

社会人ともなれば髭を伸ばしたままで会社には行けないことが多くあります。

フォーマルな場所では髭が生えていると、「相手に対して失礼である」という風潮さえあります。

ヒゲを伸ばし続けるということが「悪い」と思われるほどです。

ヒゲを剃らずにはいられないそんな日本社会なので、カミソリ負けの跡が残ってしまう人も後を立ちません。

 

カミソリの刃が皮膚の表面を傷つけ出血しています。

これがカミソリ負けなのですが、その状態を放っておくと、皮膚を傷つけたかさぶたが黒ずんで皮膚が汚く見えてしまい、ルックスで悪い印象を与えることにつながります。

カミソリ負け跡を作らないためには、刃が劣化するまえに、短期間で交換するのがベスト

カミソリ負けが起こる原因は、皮膚の表面にカミソリ刃がこすれ、傷になるせいです。

カミソリ負けが起きないためには、カミソリの刃物が尖っている鋭利な状態のカミソリを使って剃るのがベストです。

刃こぼれしたような使い古したカミソリ刃を使っている場合、劣化した刃が皮膚表面を傷つけていますので、できるだけカミソリを使う場合は新しいカミソリを使うようにし、スムースにひげ剃りできるようにこころがけてください。

これは電気カミソリの場合もそうですし、経年劣化でそれなりの年月が経ったカミソリ刃は剃りにくくなっています。

刃を交換、カートリッジを変えるなどの対策をして、皮膚を傷つけないように剃るとカミソリ負けはしなくなることが多いです。

 

カミソリがへたっていると、毛先を斜めに剃られることが多くあります。

毛に対してカミソリが軟弱に負けてしまい、切れ味の悪いカミソリを使っていたり長年の経年劣化により、毛に対して斜めに剃ってしまうような症状を起こし、毛先がとんがってしまうのです。

とんがった毛先は見かけも手触りも悪くなりますので、見た目的にもお肌のコンディション的にも、よく仕上がることはありません。

ある一定期間を過ぎると、新しいカミソリに交換することが大切です。

 

新しいカミソリ刃は、カミソリ負けして痛々しいお肌になってしまうことを予防できます。

長年のカミソリ負けにより皮膚が黒ずんでしまったり、跡がかさぶたになっているような皮膚は目も当てられなくなります。

今からでも遅くはないので悪化を防ぐためにも、新しいカミソリで毎日のヒゲ剃りをしてください。

 

目先の症状ではなくて、根本的な解決を

 

カミソリ負けが痛い状態であったとしてもカミソリ刃を変えず、皮膚の手当てだけをしてしまうような状態は、問題の根本解決には至っていません。

お肌を痛めつけている状態をなくすのが先決であり、いくら消毒薬といったような薬品で顎や口周りを消毒したとしても、それはその場限りの対策です。

定期的にカミソリ刃を交換するだけで、こういった問題を避けることができます。

カミソリ負け跡を根本的に消す方法は、剃る際に傷をつけないようにして、皮膚の再生を促すこと

カミソリはそれほど高いものではありませんし、カートリッジを新しく新調しても本体ほど高くないはずです。

カミソリ負けの原因を作ってしまっている古い刃を交換することで、カミソリ負け跡ができる問題がなくなります。

そうなると、ようやくお肌も再生に本腰を入れて取り組んでくれます。

新しい健康なお肌が再生していくと、ようやく傷跡や色素沈着・黒ずみといった症状が緩和して、改善できるようになります。

カミソリの刃を定期的に交換することで、こういった改善ができますので、ぜひもったいがらずに交換してくださいね。

 

以上、「カミソリ負け跡を根本的に消す方法」についてでした。