カミソリのイメージ画像

こんな悩みありませんか?

  • カミソリを使うたびに赤くなり痒みが出る。
  • ムダ毛処理でカミソリ負けして、赤いブツブツができる。
  • 赤いブツブツを早く治したい。そうならないようにお手入れしたい。

 

身だしなみを整えたり、薄着の季節のお手入れとしてカミソリを使わなければいけない場面があるのに、使うたびにカミソリ負けしてしまっては、とっても困りますよね。

カミソリを使う場所は人から見えるところが多く、赤いブツブツができてしまってはみっともなくて、おちおち外出もできません。

 

今のままのカミソリの使い方やお手入れをしていると、お肌にダメージを与え続けてしまうことになってしまいます。

今までのムダ毛処理のお手入れ方法を見直し、カミソリ負けをくり返さないようにしていく必要があります。

 

カミソリ負けの赤いブツブツ状態には、まずは冷やして悪化を防ぐことが大切です。

カミソリ負けの赤いブツブツを治すには、冷やして軟膏、ワセリンでカバー。

カミソリ負けで赤いブツブツができてしまったときは、治すより先に、お肌を冷やすことが大切です。

炎症が起きている所をアイシングすることで赤みを軽減することができます。

次に、化膿止めの軟膏を塗ることです。

起こってしまった炎症を軟膏を塗ることによって鎮めます。

さらにその上からワセリンを塗り、周りの刺激から守るようにします。

 

赤いブツブツができてしまった場所を冷やすことで、血管が収縮されて出血がある時は止血をすることができ、赤みを抑えることにつながります。

化膿止めの軟膏を塗ることで、傷口を消毒し細菌が入るのを防いで、悪化を防止することができます。

ワセリンは、敏感肌の人でも安心して使うことができ、油のバリアで外部の刺激からお肌を守ってくれます。

この一連の作業がカミソリ負けをキレイに治すのに役立ちます。

 

日常でカミソリを使う場面は多いくありますので、カミソリ負けした場合には、お家にあるもので応急処置できると悪化を食い止めることができます。

アイシングは家にあるもので大丈夫なので、簡単に応急処置が取れますね。

カミソリ負けに効果がある化膿止めやワセリンは、市販で販売されているので、カミソリ負けしやすい人は購入して常備しておくといいですね。

こういったものを予め準備しておくと、ムダ毛処理でトラブルが出た場合も、自分で治すことができます。

(良くならない場合は、スグに皮膚科で診てもらうことも大切です。)

 

ヒゲやすね毛の処理はエチケットとしてしなければいけないことなのに、そのたびに赤くなったり、痒くなったり、ヒリヒリしたりといった症状を我慢する必要がなくなりますね。

人目に付くお肌が赤くなってみっともないという恥をかかなくて済むようになります。

カミソリ負けの辛い症状を我慢しながらのお手入れストレスから解放されると、一安心ですね。

 

過剰な自己判断には気をつけよう

 

お肌が敏感なところに炎症が起きているので、市販の軟膏が合わない場合は、皮膚科を受診するようにしてくださいね。

また、炎症が治ったからと言って何度も同じ場所にカミソリを使ったり、赤くなっている所をにさらにカミソリをあてるようなことは

しないでくださいね。

カミソリ負けの赤いブツブツを治す方法 まとめ

カミソリ負けによってできてしまった赤いブツブツは、お肌のアフターフォローで治すことができます。

  • 氷など家にあるもので簡単に行えるアイシングをして応急処置をすること、
  • 赤くなってしまったところを治すために、また悪化させないために化膿止めの軟膏を塗ること、
  • そして、外部の刺激の刺激から守るワセリンを塗ることで、

赤いブツブツを治すことができます。

健康できれいなお肌を保ち続けられるように、お手入れをしていきましょう。

 

以上、「カミソリ負けして赤いブツブツができた時に治す方法」についてでした。