保湿クリームのイメージ画像

こんな悩みありませんか?

  • カミソリ負けした跡が色素沈着して黒ずみになってしまった。
  • その黒ずみが気になって肌を出す服を着られない。
  • 色素沈着や黒ずみを見る度に落ち込む。
  • どうやって黒ずみを解消したらいいのかわからない。

 

カミソリ負けをして色素沈着や黒ずみができてしまうと、肌を見るたびにがっかりしませんか。

女性ならやっぱりきれいな肌を保っていたいですよね。

 

カミソリ負けをして黒ずみができてしまったのに、その状態でさらにカミソリを使ってムダ毛を処理し続けていると、ますます色素沈着・黒ずみがひどくなってしまいます。

あまりにもひどい黒ずみだと、セルフケアではなかなか解決できなくなる心配があります。

 

落ちない色素沈着・黒ずみになってしまう前に、正しい対処方法を知っておこう。

カミソリ負けで起こる「色素沈着・黒ずみ」を治す方法は?

色素沈着や黒ずみを治す方法でもっとも大切なことは、カミソリを使わないようにすることです。

そして、肌の生まれ変わりを促すために保湿ケアをしたり、バランスがよい食事を摂るようにします。

保湿効果が高いクリームを使って肌をケアして、野菜・果物・海藻・穀物・大豆・魚などいろいろなものを食べてバランスがよい食事を摂るようにしましょう。

 

カミソリ負けによる黒ずみは、メラニンの生成が促されて色素沈着を起こしてしまったことが原因です。

刺激を与えるとメラニンの生成が促されるので、カミソリによる刺激を与えないようにします。

メラニンは肌の生まれ変わりの過程で排泄されるので、肌の生まれ変わりに必要な栄養素を摂るようにします。

 

この治す方法はあまりお金がかからず、セルフケアできることがメリットです。

美容クリニックで相談をした場合、自費になるので高額な費用がかかります。

しかし、食事に気をつけたり保湿ケアをすることは普段行っているようなことで、特別に大きな費用がかかるものではありません。

 

黒ずみが治ることでお肌を見せても恥ずかしくなくなり、水着や肌を出すような服を自信を持って着られるようになります。

きれいになった肌によって、さらに自分に自信を持てるようになります。

着たい服を着たり、やりたいことができるようになることで、毎日が楽しくなることでしょう。

 

カミソリの使い過ぎには気をつけよう

 

黒ずみができているのに、それ以上お肌に刺激を与えてはいけません。

カミソリを使ってムダ毛処理したくても、控えるようにしましょう。

色素沈着や黒ずみができているにもかかわらずカミソリを使い続けると、ますますひどくなってしまいます。

まとめ

カミソリ負けによる黒ずみはメラニン生成による色素沈着です。

治す方法は、まず刺激を与えないことです。

そして、保湿ケアをして、食事に気をつけて、肌の生まれ変わりを促してあげましょう。

メラニンは肌の生まれ変わりの過程で排泄されていきます。

これ以上肌の黒ずみをひどくしないために、肌のお手入れ方法には気をつけたいですね。

 

以上、「カミソリ負けで色素沈着・黒ずみになった場合の治す方法」についてでした。