すね毛処理、ムダ毛処理のイメージ画像

こんな悩みありませんか?

  • すね毛処理した後かゆい。
  • かゆい状態が続き、お肌の状態が悪くなる。
  • 段々とすね毛処理が怖くなってきた。

 

すね毛の処理はしっかりしておきたいところですが、処理後にかゆい状態になると、またそれが続くと、「このお手入れ方法で大丈夫なのか?」と心配になりますよね。

 

すね毛処理後のかゆい状態を放置していたら、かゆみを我慢できずに掻きむしってしまい、皮膚の状態が悪化することがあります。

掻くことで、また刺激が強くなるので、さらにかゆい状態が長引き・・・と負のスパイラルになってしまいます。

そういった場合は、すね毛処理後のお肌をしっかり保湿ケアすりことが大切です。

すね毛処理してかゆい場合は、保湿ケアクリーム・ローションでお肌のバリア機能を回復させる

すね毛を処理してかゆくなってしまったら、保湿ケアをしっかりと行いましょう。

すね毛を処理した後すぐに、保湿系のローションやクリームを肌に塗ります。

ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンなどの保湿成分が配合されているものを使用するとよいでしょう。

すね毛を処理した後だけでなく、お風呂上りなど乾燥しやすいときにもしっかりと保湿ケアをしておきます。

 

処理後にかゆいのは、お肌のバリア機能が低下をしているからです。

すね毛をカミソリなどで処理すると、肌表面の角質層が削られてしまいます。

バリア機能の役割をしている角質層が傷つくことでバリア機能が低下をして、外部の刺激に敏感になります。

そして、わずかな刺激でもかゆみを感じるようになります。

バリア機能を回復させるためには保湿ケアをすることが重要です。

 

かゆみ止めを塗れば一時的にかゆみが治まるかもしれません。

しかし、お肌のバリア機能が回復しなければ根本的な解決にはなりません。

保湿ケアをすればお肌のバリア機能が回復することが期待でき、それだけでなくお肌がきれいになってくることも期待できます。

 

かゆい状態がなくなり、引っ掻くことがなくなると、お肌の状態がよくなってきます。

お肌がきれいなら脚を出すようなファッションも、自信を持ってできるようになれますよ。

 

掻くことによる色素沈着に注意

 

かゆいからといって掻いてはいけません。

掻くと肌のバリア機能がますます低下をして、刺激に敏感になってさらにかゆみが強くなってしまいます。

また、掻く刺激によってメラニンが生成されて、お肌が黒ずんでしまう心配もあります。

保湿クリームやローションを使って、しっかり保湿ケアすることが大切です。

まとめ

お肌を出すようなファッションをするなら、すね毛のムダ毛は処理をしておきたいものです。

しかし、それによってかゆみが出ることがあります。

かゆみを抑えるためのポイントは、保湿ケアをしてお肌のバリア機能を回復させることです。

かゆい思いをしないために、すね毛を処理した後やお風呂上りにはしっかりと保湿ケアを行いましょう。

 

以上、「すね毛処理後がかゆい場合」についてでした。