やつれ顔のイメージ画像

こんな悩みありませんか?

  • 産後に顔がやつれてしまい、老けて見える。なんとか戻したい。
  • 産後、主人に「やつれたね」と言われ、「魅力を感じない」と言われてしまった。
  • 産後でも変わらぬ美しさをキープしている知人と、やつれた自分を比べてしまい辛い。

 

出産という大仕事で疲労したまま、慣れない育児や夜間授乳による睡眠不足の生活に突入してしまうので、誰でも疲労困憊してしまいますよね。

顔がやつれるほど、一生懸命子どもを育てているお母さんは素敵だと思いますよ。

 

育児にがむしゃらに取り組みすぎて、顔のやつれを見て見ぬふりをしていたら、しわが顔に刻み込まれて消えなくなってしまうこともあるかもしれません。

お肌の張りが失われて、年齢よりも老けて見えるようになってしまうかもしれません。

 

産後の顔のやつれを戻すには、なんといっても睡眠不足の解消が一番です。

睡眠時間足りてますか?産後の顔のやつれを戻すには体を休めることが一番です。

産後に顔がやつれてしまうと、老けて見えるのでなんとかしたいですね。

顔のやつれは、一番の原因として考えられるのはなんといっても睡眠不足があります。

 

産後は、授乳や慣れない育児で、大変です。

特に大変なのは夜寝ることができないからです。

顔のやつれを早く戻すのは、やっぱりぐっすり寝ることです。

自分が休めるときに少しでも体を休めるようにしましょう。

また夜は、できるだけ早めに寝て産後の育児疲れを取るようにしましょう。

 

産後のやつれ顔を改善させるのは、夜寝ることとしたのは、顔の疲れが睡眠不足からくることが多いからです。

目の下のくぼみや、黒くなったりすることも睡眠不足からくることが多いです。

化粧品などで改善させるよりも、ぐっすり寝ることのほうがずっと改善させることができます。

特に目の下のくまや、たるみなどに効果があります。

 

寝るという解決策は、簡単に行うことができますね。

しかもとてもいいのは、なんといってもただでできることです。

化粧品を買ったりすると、余分な出費がかかることになります。

それよりも、お金を使うことなくできる方法として最高です。

夜寝ることにより、ある程度の顔のやつれは戻すことができるので早めに改善させましょう。

 

睡眠不足を解消するために休める時に少しでも体を休めるようにすれば、産後の顔のやつれを戻すことができると思います。

顔のやつれがなくなれば、毎日のメイクが楽しくなりますし、老けて見られることもなくなりますよ。

ご主人にも、きれいになったと言われるかもしれません。

自分に自信が持てるようになって、気分よく育児に取り組めると、お子さんにもお母さんの楽しい様子が伝わりますよ。

 

育児・家事の頑張りすぎには気をつけよう

 

やつれるほど育児に真面目に取り組んでいる自分が当たり前だと思って慣れてしまうと、いつか無理がたたって体調を崩してしまいますよ。

頼れるときは家族に頼っていいんですから、休めるときは休んでおかないと、お母さんにも赤ちゃんにも良くないですよ。

まとめ

産後に顔がやつれてしまっている場合は、睡眠不足ということが多くあります。

慣れない育児、夜泣き、夜間授乳、それに合わせて家事と本当に大変です。

早く戻すには、なんといっても早く寝る、一日の合間に赤ちゃんと一緒に寝る、といったことが大切になります。

夜泣きなどで大変な時は、なかなか良い睡眠を取るのは大変ですが、細切れでもいいので日中に睡眠を取る工夫が必要です。

あまり頑張りすぎてしまわないように、育児と家事と睡眠のバランスを取りつついきたいですね。

 

 

以上、「産後の顔のやつれを早く戻すには、睡眠が大切」ということについてでした。