足が悪い人のダイエット・イメージ画像

こんな悩みありませんか?

  • 30代になって急に体重が増えた。
  • ダイエットしたいが足が悪いので走ったり思うように歩いたりできない。
  • ダイエットしたいが、どんな運動が向いているのか分からない。

 

足が不自由ですと、歩いたり、走ったりできないので、 健常者の人のように、ランニングや、スポーツジムに通うことができないので、ダイエットしたいと思っても、どうしていいかわからないですよね。

だからといって、その悩みを放置しておくと、どんどん体重が増えて、以前より体が動きにくくなってしまいます。

30代ならなおさらです。

そんな場合には、足が悪い人のダイエットとして、以下の方法をおすすめします。

足が悪い人のダイエットとして、また30代からの基礎代謝アップのエクササイズをご紹介

足が悪い人のダイエット方法として、無理なく続けられる運動です。

 

① 布団を敷いて仰向けに寝転びます。

② まず、両足をあげます。(床に対して90度)

③ 一分間足を閉じたり開いたりしてください。

④ 30秒休憩します。

⑤ これを3セットします。

 

自然な呼吸で無理なく続けることで、有酸素運動の要素も取り入れられます。

太ももの筋肉を刺激して脚を引き締めると同時に脂肪も燃焼されます。

膝には体重の何倍もの負担がかかると言われています。

足をあげることで軽減することができます。

 

イスに座って行うダイエットもありますが、自宅に適したイスがない場合は行うことができません。

場合によってはイスに座ることも辛いので、寝転びながら実施できるのは優れているポイントだと言えます。

また、テレビを見ながらでも可能です。

 

足が悪い人でも、無理なくできる簡単な運動をすることで、筋肉がつき基礎代謝もアップするので、少しずつ体重が減っていきますよ。

すると、体が軽くなり、足への負担が少しずつ軽減されます。

そして、今までできなかった家事や動作などが少しずつ、できるようになります。

また、歩ける距離が少しずつ伸びて、バスや電車でお出かけすることができるようになり、いろんなところへ出かけられて、とても充実した毎日を遅れるようになります。

 

足が悪い人のダイエットには、負荷の高い筋トレは気をつけよう

 

簡単な運動とは、エクササイズのようなもので、いわゆるハードな筋トレ運動でなくても大丈夫です。

例えば、イスに座っている時ちょっと足を上げてみたり、寝ている時に息をフーっとお腹から吐いたり、 そういったことを毎日少しずを意識するだけで、ダイエットに効果があります。

30代で足が悪い人のダイエット方法【まとめ】

足が悪い人のダイエットととして、また30代からの下半身痩せエクササイズとして、おすすめできるものをご紹介しました。

足が悪い人の場合は特にですが、無理をすることは厳禁です。

負荷の少ない運動でも少しずつ続けていくことで代謝もアップし、ゆっくりと絞っていくことができます。

早く痩せたい気持ちを抑えて、簡単に楽に続けられるところを目指すのが、一番のポイントです。

 

そういった意味でも今回ご紹介した、寝転んでの開脚運動はピッタリです。

お家での空き時間を見つけて、少しずつ試してみてくださいね。

 

以上、「代謝が悪くなる30代からの、また足が悪い人のダイエット方法」をご紹介しました。