病気で運動できない時のイメージ画像

こんな悩みありませんか?

  • 病気があるので激しい運動はできない。だから太ってきた。
  • ダイエットしたいけど運動できないので、あまり痩せない。
  • 運動なしでも痩せられるダイエットがしたい。

 

ダイエットしたいけれど病気でなかなか運動できない時は、上手に体重を減らせないですよね。

ダイエットしたい気はあるのに、実践できないというのもつらいです。

 

そんな場合は食事制限を意識してダイエットしてみてください。

病気で運動できない時のダイエット方法は食事制限がベスト

病気で運動が禁止されている。

なのに医者からは体重を落とすように注意された…そんな方には食事制限が一番だと思います。

さらに病気よっては、タンパク質や塩分、糖質などが一日に限られる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

食べたいものが食べられない辛さは、健常者でも病気の方でも変わりありません。

食事管理の内容が厳しい方でも、手軽にできるような方法を考えていきましょう。

 

運動ができない。

それは運動をすることで体に負担がかかるからです。

それが出来ないのであれば食事制限しかありませんよね。

 

かと言ってきついものはやりたくない。

であるならば、食事の質を変えていきましょう。

 

今まで白米だったのを玄米、雑穀米などに変える。

麺類はうどんではなく蕎麦などにする。

精製されていないものは体に吸収されるスピードが緩やかになります。

血糖値が上がりにくくなるので太りづらくなるんです。

 

あとご飯は野菜から習慣をつけることです。

野菜から食べることも血糖値の上昇を抑えることができるので食べ順も大事ですね。

 

血糖値が上がりにくい食べ物、食べ方を意識するだけで、体重が落ちていきます。

それは極端に摂取しないという訳ではないので、そこまで辛さもありません。

血糖値があがらないだけではなく、ミネラルなども摂取することができるので、健康を手に入れることもできるんです。

少しの工夫で辛さもない。

これが理想のダイエットだと思います。

 

今までは運動がしたいのに病気で出来ないため、食事制限や他の方法で体系などを維持しなくてはならず、大変だったかと思います。

しかし寝たままでも運動ができるようになることで、身体を維持するための選択肢が増えます。

軽い運動は、精神的な落ち着きや高揚をもたらしてくれるので、気持ちの面でも、より毎日が楽になるかと思います。

出来なかったことができるというのも、もちろん精神的に良い作用があるかと思います。

寝たままでも出来る運動を少し取り入れるようにしてみてください。

無理し過ぎには気をつけよう

どうしても身体を動かしたいと、無理に自己流で運動してしまうのは、怪我するのでよくないです。

また、思うようにできない自分に落ち込んでしまう方もいるかもしれません。

ダイエットは健常者でも断念する人ばかりなので、自分は辛くあたらないでくださいね。

寝たままの運動を始めた後も、決して無理しないように、少しづつ行うのが大切です。

あくまでも、負担がかかり過ぎない程度に、心身ともに健康でいることを目標にするのが一番ですね。

 

以上、「病気で運動できない時のダイエット方法」についてでした。