足が悪い人のイメージ画像

こんな悩みありませんか?

  • 足が悪いので運動しないでも痩せられる方法を探している。
  • 20代の若い頃と違って、体に負担の少ない痩せ方を探している。
  • 怪我をしてしまったので運動できないけど、痩せる方法を探している。

 

「足が悪い人のダイエットでいい方法ありませんか?」

 

30代40代50代にもなってくると、基礎代謝も落ちるし、どんどん太りやすい体質になりますよね。

気を抜いているとあっという間に、太ってしまいます。

ぽっちゃり体型になることなんかは、ホントすぐです。

足が悪いと運動量が落ちるので、なおさらです。

足が悪い場合は、ジムに行ったりジョギングしたりというのは無理ですよね。

 

痩せようと行動しないとどんどん体重も増えてきて、いまより足腰に負担がかかるようになります。

それに年齢を重ねるたびに痩せにくくなってくるし、体調を崩してからじゃダイエットしたくてもできないことになります。

そうなってしまう前に、今から少しずつダイエットに取り組むことが一番、負担が少なくて継続しやすいですよね。

痩せにくい30代40代50代、足が悪い人のダイエットには「食事改善」がおすすめ

足が悪くジョギングやウォーキングをしてダイエットしにくい場合は、食事療法が最も効果的な方法です。

ただ、絶食、断食をするなどの過度な方法ではなく、少し面倒でもカロリー計算を行って、栄養バランスの良い食事することが大切です。

今はネットで検索すれば、カロリーを抑えながらも美味しいダイエット食のメニューが探せると思います。

 

足が悪く動きづらい場合は、まずは体重を減らして、足への負担を軽減することが先決です。

足に負担をかけない運動系のダイエットとして、プールなどでも水中ウォーキングがあります。

しかし足が悪いということは歩行時の体のバランスを崩しやすいですし、そのような状態で浮力を利用した歩行をするとさらに歩行状態が悪くなり、効果的なダイエットが難しいですね。

無理してトレーニングしていると、足の状態が悪化することも稀にあります。

 

食事療法の一番のメリットは、過度な制限をしない限り体への負担が少ないことが挙げられます。

ダイエット開始当初は口寂しくなり、空腹感がストレスに繋がるかも知れませんが、1週間程継続できれば、徐々に体が慣れてきます。

その上で足に負担のかからない上半身を使った軽い運動を1ヶ月続ければ、健康的にダイエットができると思います。

 

ダイエットして痩せられると、今まで我慢していた洋服が着ることができます。

それによって、いまよりパーティーやオシャレなスポットにも楽しくいけます。

交友関係も増えて、もしかしたら新しい出会いなんかもあったりするかもしれません。

体重も軽くなるので、足の負担も軽くなって旅行などでたくさん歩いても大丈夫ですね。

体も心も健康的になって、人生がもっと充実してきます。

無理な食事制限には気をつけよう

食事制限ダイエットはすぐ効果がでるというものではありません。

食事に気をつかうことは大事ですが、はやく痩せたいからと言って無理な制限はやめましょう。

くれぐれも知識もないのに断食をしたりしちゃだめですよ。

体調を崩して仕事もままならないし、その反動で大食いして、リバウンドすることもあるので、慌てず焦らずで長期スパンで食事制限ダイエットをやっていきましょう。

 

以上、「30代40代50代で足が悪い人のダイエットは食事制限ダイエット」についてでした。