高校生ニキビ、クレーターのイメージ画像

こんな悩みありませんか?

 

ニキビが目立つところにできるので、お肌が汚く見えてしまう

ニキビが悪化することが多く、痛い

ニキビ跡がひどく、クレーターになってしまった

髪の毛やマスクで隠すと、刺激が元で余計に悪化してしまう

 

高校生は容姿に多感な頃なので、学校やクラスでよくそういった話題をしたりしますよね。

そんな場合に、朝起きて顔の目立つところにニキビができてしまったり、肌が荒れてしまったりするのに気づくと、気分が落ち込んでしまいます。

 

もし、ニキビをそのまま放っておいたり、触ったり、マスクや髪の毛で隠したりしてしまうと、お肌の衛生状態が悪くなってしまって、症状の悪化につながります。

最悪、お肌がボコボコのクレーターになってしまいます。

 

大元の原因となる「生活改善」をしなければ、また新たにニキビができてしまいます。

そんな場合には「食生活の改善」が最も効果的です。

クレーターになる高校生ニキビを根本ケアするには「食事改善」が必須

ニキビを根本的に治すためには、食事内容の振り返り、改善が最も効果的です。

人間は食べ物でできているといっても過言ではありません。

普段の食生活がそのまま肌に反映されます。

皮脂の分泌を促進する食べ物を摂取しないように心がけるだけでも、だいぶ肌環境は良くなります。

油っぽいもの、甘いものなどの摂取を控えましょう。

 

肌荒れやニキビの原因となりやすい食べ物としては、脂質の多く含まれるものや香辛料などの刺激物系が挙げられます。

脂肪分が多いものや刺激物は皮脂の分泌を増やすからです。

皮脂の過剰分泌により、肌のバランスは崩れやすくなります。

 

ニキビの薬を塗ったり、触らないようにしたりと、ニキビができた後に適切な処置をすることはもちろん大事です。

しかし、それよりも根本的に原因となる生活習慣を改善することが、ニキビ発生の予防に繋がります。

 

今までは、お肌が荒れていて思うようにメイクが楽しめなかった女子高校生も、休みと時には楽しめるようになります。

女子高校生は、日焼け止めや、ファンデーションも塗りやすくなり、美肌に磨きがかかりますよね。

男子高校生は、お肌が綺麗になり、明るく見えます。

 

お肌が綺麗な人は、男性からも女性からも好印象になります。

お肌に自信が持てて、毎日が楽しくなります。

 

ニキビを潰さないように気をつけよう

 

もし、ニキビができてしまっても、絶対にニキビを触らない方がいいです。

また、ニキビを潰さない方がいいです。

なぜなら、ニキビの衛生状態が悪化して、もとよりも治りが遅くなってしまうからです。

清潔に保つことが大切ですよ。

まとめ

ニキビができてしまったら、洗顔料や化粧水を使用したり、ニキビ薬を使って適切な処置をすることが大切です。

また、ニキビを予防するために、生活習慣を見直すことが大切です。

甘いものや油っぽいもの中心の食事内容になっていないか見直すことが必要です。

高校生活を充実したものにするために、ニキビの治し方について正しく理解しましょう。

 

 

以上、「高校生ニキビには食事改善が大切」ということについてでした。