保湿ケアのイメージ画像

こんな悩みありませんか?

  • 産後、睡眠不足でお肌の状態が悪く、カサつき、しわ、くすみなど、お肌の老化が気になる。
  • 育児が忙しく、自分の身体のメンテナンスやお肌のケアに時間がかけられない。
  • 産後の体調管理や、身体の老化を防ぐ為に具体的にどのようなことをしたらいいのか分からない。

 

産後は2、3時間毎の授乳、慣れない育児、身体の変化など、本当に忙しい毎日の中、不安や悩みも多いですよね。

忙しく多忙な毎日で自分のケアがおろそかになってしまうのもよく分かります。

 

産後、産前の身体と全く同じ状態に戻ることはできません。

睡眠不足、疲労で身体、お肌の老化は更に加速していきます。

忙しさにまかせて何も手を打たず放っておくと、気が付いた時には大きなダメージになっているなんてこともあるでしょう。

 

そういった場合は食事内容を気をつけて、バランスの取れた栄養を補給することを意識するといいですよ。

産後から始まる老化を防ぐには、栄養バランスを考えた食事が大切

妊娠・出産は女性の体に相当な負担がかかる大仕事です。

また、産後は生まれたばかりの赤ちゃんのお世話で忙しく、自分のケアを怠ってしまう人も多いのではないでしょうか。

そんなとき、ふと鏡を見ると、お肌の老化にビックリするという経験をされた方はけっこう多いと思います。

忙しい中でも、食事面と保湿をしっかりとすることで、産後の体の老化を防ぐことは十分可能です。

 

まず、妊娠中、また産後の授乳中は、お母さんが摂取した多くの栄養やエネルギーが赤ちゃんのために使われます。

そうなるとお母さんの体作りに必要な成分はかなり少なくなってしまいます。

その状態を続けていると、お肌の保湿が保たれなくなり、肌がカサカサになったり、しわやシミなどが増えてきてしまいます。

そこでしっかりとバランスのとれた食事をお母さんと赤ちゃんの二人にいきわたる量を摂ることが大切です。

また、保湿液などの外側からの成分もしっかりお肌に浸透されてあげることで、産後の体の老化を防ぐことができます。

 

産後の老化と防ぐ方法は、ほかにもエステに通ってお肌のケアをするのもいいとは思いますが、赤ちゃんのお世話や移動、エステをしている最中の赤ちゃんの預け先などと、色々と考えないといけないことが多くなってしまうと思います。

エステでストレス解消もできるとは思いますが、家でできる食事の改善と化粧水や乳液などの保湿ケアが一番手軽でお金もあまりかからず、赤ちゃんのお世話もしながらできる方法です。

ぜひ試してみてください。

 

自分の身体は自分が食べた物から作られています。

まずは、毎日の食事内容を一度見直してみましょう。

バランスの取れた食生活をおくることは、身体の老化を防く為にとても重要な事です。

 

母乳をあげているお母さんは、バランスの取れた食事を取ることによって赤ちゃんに質のいい母乳をあげることができます。

また、産後しばらくして仕事に復帰するお母さんにとっても仕事と育児を両立する為には身体の健康が不可欠です。

バランスの取れた食事は、身体の調子を整え、精神的にも満足感を与えてくれます。

 

産後、お肌のカサつきやくすみ、気になっていたお肌の状態が良くなれば、お化粧ののりも良くなり、たまにはちょっとおしゃれをしてお出かけする楽しみも増えます。

 

産後の家事や育児は無理のない範囲で

 

食事内容を見直し、バランスの取れた食生活をおくることはとても大切な事ですが、忙しい中で毎食の献立を考え、買い物へ行き、料理を作るのは簡単な事ではありません。

お肌の為、赤ちゃんの為、家族のため、と頑張るあまり、それが身体にとって負担、ストレスになってしまったら意味がありません。

家族や協力してくれる人が近くにいる人はその人たちに頼りながら、自分が無理せずできる範囲で楽しみながら頑張りましょう。

産後の老化を防ぐ方法【まとめ】

産後の老化を防ぐには、食事でバランスの取れた栄養を摂ること、またそれに加えて、保湿ケアを怠らないことが大切です。

赤ちゃんがいると思った通りに行かないことが多いですが、食事は体を作る上でとても重要です。

またしっかりと栄養を摂ることで良い母乳にも繋がります。

栄養を摂ることは「お母さんの仕事の一つ」と思っていると、食事にも気を配りやすいのではないでしょうか。

 

水分を失うことで老化が促進されることは、ご存知の通りです。

赤ちゃんと一緒にお風呂に入ったりすると、保湿してる間も取れないこともありますが、赤ちゃんと一緒に使える保湿ローションを使ったり、オールインワン保湿ゲルを使うなどの工夫をしながら、保湿ケアをしてあげるといいと思いますよ。

 

以上、「産後の老化を防ぐには食事と保湿が大切」ということについてでした。