すね毛処理、美脚のイメージ画像

20代前半の女子です。

すね毛を薄くする方法が知りたい。

 

すね毛が濃いのを知られたくなくて、水着が楽しめない。

ストッキングからすね毛が見えているのではないかと、気になってしまう。

剃ると濃くなるのが心配で、すね毛処理するまでの勇気はない。

 

弟よりすね毛が濃い私は、そのお悩み、痛いくらいよくわかります。

もし友達に「あの子すね毛濃くない?」とか思われたらどうしようとか、最悪「◯◯ってすね毛濃いよな?ヤバくない?」とか好きな人に思われたら立ち直れない…とか

いろいろ考えてしまって、せっかくの海も水着も無邪気に楽しめなかったり、記念写真見ても、無意識に脚が見えないように後ろの列で写っていたり。

きっと誰も見ていないとは思っていても、やっぱり気になってしまって、仕事でも色の濃いおばちゃんっぽい色のストッキングをチョイスしてしまったり。

 

「なんでこんなにすね毛が濃い身体で生まれて来たんだろう…」と親を恨んでみたりもするけど、レーザー脱毛するまでの思い切りは持てない。

でも、すね毛が濃いのはなんとかしたいし…「なんでこんなにすね毛が濃い身体で生まれて来たんだろう…」の無限ループに、すね毛を剃るたびに陥ったり。

自分の足を見るたびに、テンション下がりますよね。

 

目を背けたい現実ですが、もしこのまま何もしなければこの先ずっと夏の海を心から楽しむことはできないし、職場では「なんかストッキングだけおばちゃんっぽい色の子」の印象がずっとついて回ってしまうし、何よりあなたは一生この悩みを自分一人で抱えながら、自分の足を見るたびに嫌悪感を抱くことになってしまいます。

残念ながら足を見ながらため息をついても毛穴が減ることはありませんし、すね毛が薄くなるなんて奇跡が起こることもありません。

 

20代前半の女性なら人生まだまだこれからです。

まずは「女性ホルモンを増やす」「身体を冷やさない」を意識して、健康的にすね毛ケアをしてみてはいかがですか。

すね毛を薄くする方法・・・「女性ホルモン」「体を冷やさない」◆20代前半の女性に

肌の露出が増える夏場は特にムダ毛が気になりますよね。

自分だけでなく、男性も女性のムダ毛を見ると気分が萎えてしまうと思います。

せめて薄くなってくれれば・・・。

そう願ってしまうのは、女性なら誰しもあることです。

脱毛サロンは、効果はありますがそれなりのお金がかかります。

カミソリは、肌を傷めてしまったり、毛の断面が平べったくなり剃り跡が濃く見えてしまいます。

ではどうしたら良いでしょうか。

答えは、女性ホルモンを増やすことと身体を冷やさないことです。

 

女性の身体にも男性ホルモンはありますが、女性ホルモンより男性ホルモンが優勢になると、毛が濃くなります。

つまり女性ホルモンを増やすとムダ毛は薄くなります。

女性ホルモンを増やすには、大豆製品をたくさん食べること。

お豆腐、納豆、豆乳などを積極的に食べれば、男性ホルモンの働きが抑えられ、ムダ毛が生えにくくなったり、薄くなります。

それから、体毛は体温を一定に維持して冷えを防ぐ働きがあります。

そのため、身体を冷やすと身体を守ろうと毛が濃くなるのです。

 

何よりお金をかけずに、健康的にムダ毛を薄くすることができます。

大豆製品は、お味噌汁を毎日食べることをお勧めします。

牛乳を飲む人は、豆乳に変えてみて下さい。

少しずつ変えていくことで大丈夫です。

夏場でもエアコンで身体を冷やさないように、服装の調節もしましょう。

これなら誰でもできるはずです。

そうすればムダ毛はきっと薄くなっていくでしょう。

 

実は、脱毛サロンに通わなくても、すね毛を薄くする方法はあります。

ずばり「女性ホルモンを増やす」こと「身体を冷やさない」ことです。

嘘だと思って試してみてください。

少しずつすね毛が薄くなるのを実感できるはずです。

 

すね毛が薄くなれば、今まですね毛が気になって楽しめなかった海で、思いっきり水着を着てはしゃげるようになりますよ。

そうしたら、友達との夏の思い出がとっても楽しくなりますし、友達との友情が深まるかもしれません。

そんな楽しそうなあなたを見て、あなたの好きな人もあなたに興味を持ってくれます。

そうなれば二人の仲が急接近するのも時間の問題ですよね。

 

海で気にならなくなったら、仕事でもそんなこと気にならないですよね。

おばちゃん色のストッキングともサヨナラです。

仕事にも集中できるし、前よりきっと成果が出るはず。

そうなれば、お給料だって増えますよね。

そうしたら増えたお給料で、足が出る可愛いワンピースを買ったり、ビーチリゾートに行くためのお金を貯めたり……

今まで悩んでいたことが嘘のように、ハッピーなループが続きます。

 

極端な方法は避けましょう

 

ただ、これだけは気を付けて下さい。

女性ホルモンが増えすぎてホルモンバランスが崩れると、かえって体調を崩したり、ホルモンバランスの乱れからくる病気になったりする可能性があります。

また、お腹周りにカイロを張りまくって低温やけどになるとか、水も飲まずにホットヨガに熱中して脱水症状になるとか、いくら身体を温めたくても自分の健康を損なうような極端な方法はやめましょうね。

まとめ

お金をかけずにすね毛を薄くする方法は、「女性ホルモンを増やす食材を摂ること」「体を冷やさないこと」が大切です。

一番の対策はレーザー脱毛を受けることですが、まだその勇気がない場合は、体質改善から取り組むと健康にもなれますし、一石二鳥です。

すね毛を全部なくしてしまわなくても、少し薄くなるだけでも、ずいぶんと気分がマシになることがほとんどです。

放って置いても勝手に良くなることはないので、少しずつでも改善に向けて取り組むといいのではないでしょうか。

 

以上、「健康的にすね毛を薄くする方法」についてでした。