下腹痩せ、ぽっこり下腹のイメージ画像

下腹が出る体型が気になり糖質オフとサプリでダイエット、1か月2キロ、半年で10キロ痩せた20代女性の方にアンケートを取りました。

 

  • 下腹が出る体型に悩んだ経緯
  • その時どのような対策・改善方法を取ったのか?
  • なぜその方法を選んだのか?
  • それによって状況はどう変化したのか?
  • また同じようなお悩みや問題が出てきたら、次はどう対応するのか?
  • 体験者からのアドバイス

 

などを書いていただきました。

もしあなたが今回の回答者さんと同じように、ダイエットや下腹が出る体型にお悩みなら、何かのヒントになれば幸いです。

 

⇒ スマートな生活には121種類の酵素と乳酸菌がおすすめ

下腹が出ることを大食い痩せ型の彼氏に指摘され、運動嫌いの私がサプリと糖質オフでダイエットを決意、1か月2キロ半年で10キロ痩せることに成功した20代女性の体験談

◆あなたの「お名前・年齢・性別」を教えてください。

 

名前は、希沙です。

体験当時の年齢は20歳です。

性別は女性です。

 

◆ダイエットしたい・痩せたいと思った、その経緯を教えてください。

 

下腹だけ極端に太っていたことが気になっていました。

私は体質的に食べた後すぐに、ぽっこり下腹が出てしまう傾向にあります。

昔から外から見える部分(腕や足)は細く、隠れている部分(お腹)が太りやすい体質でしたが、本格的に悩み始めダイエットを決意したのは、当時よくご飯を食べる恋人が出来たタイミングです。

 

当時交際していた彼氏は「大食い」と呼ばれる部類でしたが、全く太らないどころか痩せ型でした。

彼と朝から晩まで一日中一緒にいる日は、朝食・昼食・夕食の3食のほかに、朝食と昼食の間に1人前のご飯、昼食と夕食の間に1人前のご飯と、合計1日5食の生活という状況。

 

彼氏はもともと太らない体質なので良いですが、食べたらお腹がすぐ太ってしまう私は、彼のペースに合わせた生活を送った結果、体重が増えてしまったことに悩みダイエットを決意しました。

無理に彼のペースに合わせたことが理由で下腹が出てしまったのに、彼氏から下腹が太ったことを指摘されるようになったとき、元凶である彼に対してとても怒りを感じたことを覚えています。

下腹が太ってダイエットを決意した時、どんな対策を取りましたか?体型改善の方法を教えて下さい。

◆痩せて下腹をすっきりさせたかった時、どのような対策・改善方法を取りましたか? それでどんなケアをしましたか?

 

サプリメントと糖質オフを生活に取り入れ、ダイエットを始めました。

サプリメントはグラフィコの「なかったコトに!」を使用し、糖質オフは「糖質オフのやせるつくりおき」(mako著)の本を参考に食事を作るようになりました。

 

具体的には、食事前に必ずサプリメント、3食しっかりと必ず食べるけれど、間食は厳禁。

また、3食は必ず、レシピ本に記載してある糖質オフのメニューから選ぶようにしました。

 

デートの日など外食がやむを得ない日でも、糖質オフのレシピ本で得た知識を生かして、極力糖質が少ない食材を使ったメニューを選ぶこと、また外食する日は必ずサプリメントの飲み忘れには注意するようにしました。

使用した金額は本代とサプリメント代のみの為、合計1万円ほどです。

 

◆サプリや糖質オフでのダイエット対策・改善方法を選んだポイントは何? 他の方法と比べてどこにメリットを感じたから?

 

金銭的にお金がかからないことや、運動をしなくてもいいことが魅力だった為、この方法を選びました。

学生だった私は金銭的に余裕もなかった為、持続的にかかる金額がサプリメント代だけであることは精神的にも余裕が得られました。

 

また、私はとにかく運動嫌いだったので、ダイエットに不可欠ともいわれる運動を取り入れず、3食しっかりとご飯を食べながら、健康的に痩せることが出来るのはメリットに感じます。

また、運動をするためにジムに通う出費も抑えられたのは良かったです。

サプリと糖質オフでのダイエット方法を試して、体重やぽっこり下腹はどう変わったの? その方法の「メリット・デメリット・感想」を教えてください。

◆そのサプリ&糖質オフ対策で、状況はどう改善しましたか?(良かった点)

 

半年で合計10キロ痩せることが出来ました。

 

はじめは半信半疑の状態で始めましたが、はじめの1か月で2キロの減量に成功したことで、自分に自信がつくようになりました。

太ってしまってから、無頓着になりはじめていたオシャレやスキンケアも気になり始めたのは、大きな心境の変化だと思っています。

 

ダイエットには忍耐力は不可欠ですが、糖質オフとサプリメントの生活に慣れてしまえば、精神的にも金銭的にも無理することなく、続けやすいダイエットであることはとても良いと思います。

また、糖質オフ制限のレシピを毎日読むことで、料理や栄養素に関する知識も身に付いたのは、外食の際にも、メニューを選ぶことに役立つので良かったと思いました。

 

◆それらの対策で気になった点は?(悪かった点)

 

気になった点は、2点あります。

 

1つ目は、糖質オフの生活に慣れるまで時間がかかることです。

周りの友人が目の前で、お菓子などの炭水化物を食べている中、一人だけ我慢するというのは、はじめは忍耐力がとても必要の為、途中でダイエットの決意が折れてしまう人もいるのではないかと思います。

 

2つ目は、外食がやむを得ない環境にいる人には向いていないということです。

会社員で、お弁当の持ち込みが出来ない環境に置かれている人は、毎日の外食がやむを得ず、糖質が少ない外食を選ぶことはできても、完全に糖質オフの食事生活を続けることはできない為、効果が表れるのが遅いのではないかと気になります。

 

◆サプリと糖質オフでのダイエット方法の全体的な感想・総合評価を教えてください。

 

1か月で2キロ、半年で10キロ痩せることが出来たため、改善効果には非常に満足しています。

ダイエット前、恋人に太ったと言われたことに憤りを感じていましたが、当時の彼の言葉を認めることが出来るようになりました。

 

また、彼氏に誕生日プレゼントでもらったワンピースが着られなくなってしまうほど太っていましたが、ダイエットをはじめて3か月ほどで着こなすことが出来るようになり、彼の喜んだ顔を見たときはとても嬉しかったです。

しかし、少しでも運動を組み合わせてみれば、半年もかからず痩せられていたかもと思うと、少し後悔しました。

ダイエットや下腹痩せに成功した後は、どういった日々のケアしてますか?予防対策やアドバイスを教えて下さい

  • ダイエット成功した後は、どんなことに気をつけていますか?(日々のケア)
  • リバウンドへの予防対策として、どんな対策をしていますか?したいですか?
  • もしまた同じようなことが起こったら、次はどう対応しますか?

 

ダイエット後の日々のケアとしては、間食や、炭水化物の過剰摂取はしないように気を付けています。

 

ダイエット後はサプリメントには頼らず、糖質オフの生活のみで体重をキープできるようになりましたが、糖質オフの食事を続けていると、急に炭水化物を沢山とったときにリバウンドしやすいと聞いた為、どうしても糖分や塩分の多いものを食べたいときは、サラダなどの食物繊維を多く摂取してから食べるようにしています。

そうすることで、身体への負担を減らすようにしています。

 

もしまた、太ることがあったとしても、この方法で痩せることが出来たので、同じ方法でダイエットをすると思います。

しかし、今度は早く効果を得たいので、家庭で簡単な運動を取り入れるように対応したいです。

 

◆同じようにぽっこり下腹を痩せたい人や、ダイエットしたいという人にアドバイスをお願いします。

 

ダイエットに挑戦して痩せると、肉体的な変化だけでなく自信がつくなど心境の変化もあるので、ぜひダイエットに取り組んでほしいと伝えたいです。

運動嫌いだけど痩せたいという人は、私が取り組んだような糖質オフやサプリメントでのダイエット生活は、時間は少しかかるけれど必ず効果が出てくるので、おすすめです。

糖質オフの生活をしていると、少しお菓子で間食しても大丈夫だろうと思いがちですが、お菓子をどうしても食べたいときは、事前に少量でも食物繊維を摂取しなければ太ってしまうので、そこには気を付けてほしいとアドバイスしたいです。

 

以上、ぽっこり下腹が出ることを大食い痩せ型の彼氏に指摘され、運動嫌いだったのでサプリと糖質オフでダイエットを決意、1か月2キロ半年で10キロ痩せることに成功した20代女性の体験談でした。

 

⇒ ダイエットに関する他の体験談はこちら

 

⇒ スマートな生活には121種類の酵素と乳酸菌がおすすめ