ひげ剃りのイメージ画像

顔のカミソリ負け跡がなかなか治らない・・・

  • カミソリ負けすると、皮膚が傷つきヒリヒリと痛い。
  • 皮膚が赤くなっているので、人目が気になる。
  • カミソリ負け跡がブツブツと腫れたりして、なかなか治らない。

 

床屋さんでひげ剃りしても皮膚を傷めてしまうくらい、カミソリ負けしやい人があります。

自分でムダ毛処理した時の状態は、やっぱり良くありません。

出社する前に顔のひげ剃りを毎日しますよね。

でも念入りすればするほどカミソリ負けしてしまいます。

「ムダ毛はきちんと処理したい」けれども皮膚も傷めたくない、というジレンマがあるので、カミソリ負けしない人がうらやましい。

 

カミソリ負けが続いてしまうと、お肌の状態が気になりますよね。

肌が赤くなってしまいますし、傷の周辺にブツブツと腫れてしまうかもしれません。

清潔感を出すためにカミソリで処理をしているのに、逆に見栄えが悪くなってしまうのが一番の問題ではないでしょうか。

カミソリ負けで顔の赤いブツブツが治らない場合の対処

カミソリ負けを防いでお肌を傷つけないためには、どんなことを心がければよいのでしょう?

第一にはお肌をきれいにしてからカミソリで処理をすることでしょう。

ひげ剃りをする前は必ず洗顔して顔の汚れを落として、プレシェーブローションを塗ってからカミソリをあてることが大切です。

 

また、カミソリを顔にあてる力加減も大事です。

念入りに処理をすればしようとするほど、力を入れ過ぎてしまったり、変な角度であててしまいがちです。

試行錯誤が必要だとは思いますが、カミソリ負けしやすい方は、『軽い力で流れるような感覚で』を意識するといいですよ。

 

カミソリをあてる前にお肌をきれいにしてコンディションを整えてあげると、カミソリ負けしにくくなります。

お肌が汚い状態だと、滑りが悪いためカミソリをあててからひっかかったりして、傷つけてしまう可能性が上がってしまいます。

カミソリが引っかからずあてやすくなれば、力の入れ具合も調整しやすいので、ひげ剃りの際のトラブル軽減になります。

 

お肌のコンディションを整えてあげることは、カミソリをあてる前にカミソリ負けしやすい原因を排除する、という意味で何より大事です。

カミソリ負けする時は、大抵は肌にひっかかる時です。

引っかかることで、無理な力を入れてしまいます。

お肌の汚れを落として、プレシェーブローションで滑りをよくすることで、なるべくひっかかりを除いてあげることを意識すると改善できますよ。

 

カミソリ負けしなくなると、ヒリヒリとした痛みやお肌の見栄えが気にならなくなります。

なかなか治らない傷跡も気にする必要はなくなります。

そうすると痛みへの恐怖感から上手く処理できなかった箇所についても処理できるようになります。

コンプレックスに感じていた箇所もコンプレックスでなくなり、自信がついてきます。

お肌の調子が変わるだけでも、幸せな気分になれたりします。

 

顔そりの際は微調整が必要

 

もし、カミソリ負けすることに悩んでいるけどなんとなく剃ってきてしまった場合は、一度原因を探って欲しいです。

もしかするとカミソリをあてる前の準備で改善するかもしれません。

お肌の引っかかりが無くなるだけでも、だいぶん刃をあてやすくなると思います。

カミソリをあてやすくしてから、あて方を色々と調整するといいと思いますよ。

まとめ

カミソリ負けがなかなか治らない方には、カミソリ前にお肌の状態を整えているか、カミソリをしても良い状態にちゃんとなっているか、もう一度確認してみてください。

カミソリ負けすると傷がついて痛いですし、ひげなど顔の周りについては特に見栄えも気になります。

傷跡になってしまったり、なかなか治らない場合は、コンプレックスになっちゃうかもしれませんよね。

カミソリ負けしなくなると、コンプレックスに感じていた部分も感じなくなり、ちょっとした自信や幸せを感じることが出来るかもしれません。

それがきっかけで鬱々としていた朝の時間が、気持ち良く過ごせるようになりますよ。

 

以上、「カミソリ負けで顔の傷がなかなか治らない場合の対処」についてでした。