かつら、ウィッグのイメージ画像(男性)

こんな悩みありませんか?

 

かつら分かってしまい、ハゲがバレないかと心配している。

外出の際、かつらが気になってしょうがない。

バレないことばかり気にしている。

 

ハゲは仕方ないといえども、カツラをしていると、やっぱりバレないかと気になってしまいますよね。

 

一生懸命自分でセットしてもポイントをわかっていないと、かつらと地毛がなじみにくくバレやすい状態になります。

街中で「あの人、かつらしてるんだな」と分かる人いますよね。

 

かつらがバレないようにするには、かつらと地毛の段差を減らすことが1番です。

かつらと地毛との段差が出やすい「もみあげ」や「えり足」を整えよう!

かつらに違和感が出るのは、やはり「もみあげの部分」と「えり足の部分」だと思います。

 

地毛とかつらに段差があったり、

不自然に毛量が違ったり、

そのような見た目だとカツラであるとバレやすいので、もみあげやえり足を整えた方がいいですね。

 

こんなことありませんか?

自分の姿を確認する時に、真正面からしか確認しない場合が多くあります。

化粧や髪型を整えるときも真正面からしますよね。

 

しかし、街を歩いていたりすると、他人は正面ばかり見ているわけではないのです。

むしろ正面から見る機会より、斜め前や横、斜め後ろや後ろなど、色々な方向から見られています。

 

ですので、いくら真正面からかつらが整っているとしても、左斜め後ろからや右横から見れば、変で違和感があるとしたらかつらはバレやすいのです。

やはりカツラをつけるのであれば、そういった面を気にしたほうがいいと思います。

 

かつらをつける前に丸坊主にするという方法もありますが、それならばいっそうのこと、スキンヘッドにしたほうが地毛部分とハゲ部分の段差がなくなっていいですね。

しかし、かつらをつけるという選択肢を選ぶのであれば、一番この方法が優れていると思います。

 

こまめにカットをして、地毛をかつらの部分に合わせておけば、かつらがバレる心配もありません。

そうすると外出の際も十分に楽しめますし、デートだって心おきなく行くことができます。

 

カットの間隔には気をつけよう。

カットをこまめにするのは時間とともに面倒に感じやすくなりますので、そういった気の緩みだけには気をつけるようにしましょう。

ハゲ隠しのかつらがバレないための方法【まとめ】

  • かつらと地毛の段差を減らすこと。
  • 1番わかりやすいのは「もみあげ」と「えり足」の部分。
  • 地毛のカットをこまめに行ってかつらに合わせることが大切。

ついつい面倒に感じてカットの間隔が伸びてしまいがちですが、そうならないようにすることも大切です。

 

ちょっとしたお手入れで、外出の際は心おきなく楽しむことができるようになります。

会社、デート、アクティビティ、どれも人生を楽しむためには大切です。

 

カットをこまめにするだけで、より人生が華やいできますので、そういったケアを意識してみるのも良いのではないでしょうか。

 

以上、ハゲ隠しのかつらがバレないための方法についてでした。