ドクターのイメージ画像

こんな悩みありませんか?

  • ニキビ跡がひどくて人前に出ることが恥ずかしい。
  • ニキビ跡がクレーターになってしまった。
  • クレーター部分がボコボコしてて、メイクがうまく決まらない。

 

ニキビ跡のクレーターはなかなか消えず、苦労をしている方もいると思います。

ニキビ跡が気になって自分に自信を持てなかったり、メイクがうまくできずに苦労をしているのではないでしょうか。

ニキビ跡の気にならないつるんとした肌を目指したいですね。

 

クレーター状になっているニキビ跡は放置をしていても、なかなか治ることがありません。

つるんとした肌を目指すためには、積極的にケアをしていくことが大切になります。

放置をしていても、デコボコな肌でメイクがノリにくくなるなどの苦労がなくなることはありません。

ニキビ跡のクレーターがひどい場合、一番早く治す方法は、美容クリニックで治療を受けるのが確実

クレーター状のニキビ跡といっても皮膚の深い部分にできているものと、比較的浅い部分にできているものとがあります。

皮膚の深い部分にできてしまったクレーター状のニキビ跡はセルフケアでは改善が難しいので、デコボコを解消するためには美容クリニックで治療をしてもらいます。

浅い部分にできているニキビ跡は、ビタミンC誘導体配合の化粧品を使ったり、コラーゲンの生成を促すためにビタミンC、鉄分、タンパク質を食事から意識して摂取をするようにします。

また、悪化をさせないために紫外線対策を毎日しっかりと行うようにします。

 

ニキビの炎症は皮膚の表皮よりも奥にある真皮層を傷つけます。

肌が修復する際には表皮の方が真皮よりも治りが早く、この治りの経過の差によってクレータ状のニキビ跡ができます。

真皮層が傷ついているので、コラーゲンの生成を促すようなケアを行って、肌をふっくらとさせることを目指します。

ビタミンC誘導体でのスキンケアやビタミンC・鉄分・タンパク質の摂取はコラーゲンの生成を促す方法です。

 

クレーター状のニキビ跡は美容クリニックで治療を受けることができます。

しかし、美容クリニックの治療は自費になるので高額です。

それに対し、化粧品を使ってケアを行う、食事に気をつけるといったセルフケアは、美容クリニックで治療と比べると低価格で行うことができます。

また、治療のよりもリスクが低く手軽にできるメリットもあります。

 

ニキビ跡が気になってマスクをいつも着用したり、ニキビ跡を隠すためにメイクに時間がかかっていたり、こういったことがなくなります。

肌がつるつるな状態になるとメイクのノリがよくなってきて、メイクが楽しくなります。

肌の状態がよいと自分に自信を持てるようになります。

自信を得ることでこれまで以上に積極的になれることでしょう。

 

ニキビ跡の触りすぎには気をつけよう

 

ニキビ跡が気になるからと頻繁に触ってしまうと、触る刺激によって肌の状態が悪化する心配があるので、できるだけ触らないようにしましょう。

紫外線はニキビ跡だけでなく、シミ、たるみ、乾燥などさまざまな肌トラブルの原因になるので、普段から日焼け止めを塗る、帽子をかぶるといったことをして紫外線対策をするようにします。

まとめ

ニキビ跡のクレーターは治りにくくて厄介ですよね。

ずっと悩み続けていた方もいると思います。

一番早く治す方法は美容クリニックで治療を受けることです。

そしてその後は、保湿ケアをしっかり行い、紫外線などの刺激を与えないことです。

ニキビ跡のクレーターを解消するためには根気が必要なので、なかなか治らないからとあきらめずに根気よくケアを続けてみてください。

その後の人生できっと、「あの時やっていて良かった」と思えますから。

 

以上、「ニキビ跡のクレーターを一番早く治す方法」についてでした。